Category : 未分類

Book! Book! Sendai 10th イベントをおこないます!

Book! Book! Sendaiは2008年に結成して今年丸10年を迎えます。

これまで形や方法を変えながら、街に「本」と「人」の出会いをもっと作りたいと活動してきました。この数年は、「本」と「人」に「日常」が加わり、普段の生活の中に本があることをより大切にしていきたいと思うようになりました。また同時に、視点を仙台から宮城に広げて本のことを見つめ直すようになりました。

2018年は10周年の記念の年だし、もう一度外へ出てみようと武田さんが提案したのが昨年秋頃。
それから、今どんなイベントをやりたいだろうかと考えてきました。

まず第一弾に先日お知らせしました、3月23日に翻訳家・柴田元幸さんをお迎えして『言葉の中へ』を開催します(ご予約は満席となりました)。ご存知のとおり、柴田さんはたくさんの海外文学を日本に紹介してきた翻訳家であるとともに研究者であり、東大での教職も務められ、雑誌『MONKEY』の責任編集を継続しながら、朗読ライブをおこなうパフォーマーでもあります。震災後は、文学の学校「ただよう学び舎」へも積極的に参加されていることからも、書物と社会の関係について、並々ならぬ想いを持っていることを感じます。当日は「翻訳教室」と「朗読会」二部構成の充実した内容でお届けいたします。きっと本の中へ入っていくような体験になるでしょう。終了後は、ここにご報告をあげたいと思います。
 
そして、今後は6月までに三つのイベントをおこないます。 
Book! Book! Sendai集大成としてのイベントイヤー、そんな気持ちです。
ぜひ続報をチェックしていただき、会場へ足を運んでいただけましたら幸いです。
どうぞお待ちしております。


Book! Book! Sendaiが活動を始めて今年で10年

Book! Book! Sendaiが活動を始めて今年で10年になります。
ここ2年は大きなイベントは行わず、
震災後にできた宮城の本のある場所を訪ねて
お話を聞き、ブログに記事を載せることを続けてきました。
今年はせっかく区切りの年だしたまには外へ出て、
本を間に出会い、語り、楽しむ空間を作ろう!と思っています。

いくつかの企画を準備していまして、
告知までもう少し、ただ今佳境です~。
昨夜も火星の庭で武田と前野で打ち合わせをしました。



一年を通して、いろいろやっていく予定ですので、
皆様どうぞお楽しみに!


「本と町と人」をつなぐ雑誌『ヒトハコ』創刊について

hit001

「本と町と人」をつなぐ雑誌『ヒトハコ』創刊について
                          武田こうじ

一箱古本市をきっかけに町と人がつながることを伝える・考える雑誌『ヒトハコ』が創刊されました。
近年は「この町でもやっているんだ!」と思っていると、それがどんどん増えていって、いつの間にか、全国いろいろなところで開催されるようになった一箱古本市。本書は一箱古本市を企画、開催し、それを各地に広めていった南陀楼綾繁さん(B!B!Sも大変お世話になった方です)が中心になって作られています。

一箱古本市がどうして、人を魅了するのかが、よくわかる内容で、読んでいて「たしかに自分にもこういうことがあった」とか「参加者の人たちは、そこを楽しみにしていたのか」といろいろ発見・再確認できるのですが、やはり興味深いのは本書のテーマにもなっている、一箱古本市がそれぞれの町のイベントになっていくことが、いろいろな角度から書かれていることだと思います。当たり前のことなのかもしれませんが、一箱古本市は参加者一人一人によって、作られていて、まさにそこが「自分たちの町のイベント」になっていく大切なポイントだと、改めて思いました。

B!B!Sも、一箱古本市にはとても思い入れがあって・・・逆に思い入れが強すぎて、いろいろ悩み、ストップしてしまったのですが、本書の中では前野さんが高松の「海の見える一箱古本市」を主催する佐藤友理さんとメール対話として、その経緯を綴っています。

hit002

「今年、ほんとうにやらないの?」と問い合わせがあったり、「B!B!Sは終わったんですよね?」と言われたりするのですが・・・たしかに、今のB!B!Sは地味でなにをやっているのか見えづらいかもしれませんね。だけど、このメール対話を読んでいただけると、今のぼくたちの気持ちややりたいことがちょっとでも伝わるかなぁと思います。仲間のことを褒めるのは、気持ち悪く思われるかもしれませんが、前野さんがとても丁寧に思いを書いてくれています。ぜひ、このメール対話は読んでいただきたいと思います。よろしくお願いします。

    

    LINK  
    
    『ヒトハコ』webサイト
    http://hitohako-magazine.wixsite.com/hitomag

    『ヒトハコ』ブログ内・取扱店一覧
    http://hitohako-mag.hatenablog.com/entry/2016/10/29/153758