Book! Book! Sendai 2016年度

今年度、Book! Book! Sendai(以下B!B!S)は、
昨年度まで続けてきた
イベントの企画や運営の活動を一旦お休みして、
あらためて、
B!B!Sの最初のテーマであった
「街で本と出会う 」ことに目を向け、
今、街で起き始めていることを調べ、考え、
このサイトを中心に
みなさんに伝えていけたらと思います。

東日本大震災から数年が経過し、
宮城県のいろいろな場所で、
本のあるスペースを作る動きが出てきています。
今年度のB!B!Sでは、
それらのスペースを作った/作ろうとしている人々に
取材をさせていただき、発表していきます。

第1回は、
南三陸町の「みなみさんりくブックス」
・栗林美知子さんへのインタビューです。


南三陸町 みなみさんりくブックス/「かもしか文庫」 インタビュー

05

お話:みなみさんりくブックス/「かもしか文庫」栗林美知子さん
聞き手・文:Book! Book! Sendai 武田こうじ               

南三陸ときけば、みなさんはどんなイメージが浮かぶでしょう?震災での甚大な被害があったところ。そして、いまだ復興の途中で日々いろいろな課題に向き合っている街。美しい海岸と盛り上がっている土が見える新しい街並み・・・などなど。どれも、正解のようで、やはり言葉にしてしまうとちょっと違ってきてしまうなぁ、というのが僕が思うことです。

南三陸では詩を読む機会があり、その打ち合わせやリハも含めて、何度か行くことがありました。Book! Book! Sendaiでも2015年の「私的研究本」という企画でご一緒させてもらっています。その時の会場だった【さんさん館】で、みなみさんりくブックスというグループがこの度「かもしか文庫」という街で本と出会える場所、本をきっかけに人が出会える場所を作りました。

01

さんさん館は以前小学校だった建物をリノベーションした宿泊施設で、かもしか文庫はその中の図書室だった部屋をアレンジしています。また、みなみさんりくブックスのメンバーは先に書いたイベントなどでご一緒させてもらっていて、とても楽しく、あたたかい人たちです。6月25日のオープンの日には詩のライブをさせてもらいました。ライブが終わって、主宰の栗林美知子さんにお話を聞いてきました。

02

→南三陸で本と出会える場所を作ろうと思ったきっかけを教えてください。

栗林:私は震災の時にボランティアで南三陸にきて、ずっと活動してきました。私自身、もともと本が大好きだったのですが、図書館が被災して、本屋さんが街にはなかったので、本にふれる場所がないなぁ、と思っていました。三年経った時に、この場所(さんさん館)にたまたま来たら、古い本棚に何千冊って本があって、ここに本があるんだ!って思ったら、やっぱり、街で本に出会える場所がほしいなぁって考えるようになりました。
そんな時に企画していた『ふるさとカフェ』という、地元の若い人たちが交流して、街でやりたいことを実現させる仲間探しの会があったんですね。そこで、思い切って本のある場所を作りたいって手をあげたら、いま、みなみさんりくブックスに参加してくれている何人かがその場にいて、「私も実は本が好きなんです」と集まってきてくれたんですね。
そして、本棚の整理を始めた時に、ちょうどBook! Book! Sendaiの私的研究本という企画は宮城県どこでも参加できると聞いて、みんなで本の展示してみようと始めたのが活動のきっかけですね。

→Book! Book! Sendaiもきっかけの一つになれたなら光栄ですし、すごいうれしいですね。そして、1年後にこうして『かもしか文庫』をオープンできたのはすごいですよね。実現するにあたっては大変なことが多かったと思いますが、どんな感じで準備してきたのですか?

栗林:みんな、それぞれ仕事を持っているので日中は動けなかったりして、大変は大変でしたが、夜のサークル活動みたいな感じでやってきました。最初は、みんなでそれぞれが好きな本を紹介しよう、という会をしたりして、お互いを知っていきながら、どんなことをしていきたいのかを考えていき、この場所を・・・街にできた仮設の図書館とは違う・・・本と交流できる場所にしていきたいねって話したりしていました。

自分たちの目線で本を選んだり、ここにあった蔵書を生き返らせてあげたいというか・・・こう言うとエラそうに聞こえちゃうかもしれないけど・・・なんか、もうちょっと人にふれるきっかけをつくってあげたいというか・・・たとえば、メンバーの誰かがその本を読んで感想文で紹介したりとか、そういう形でもう一度みなさんがその本にふれる時間を持てたらいいなぁ、とかそんな話を集まってはしていたら、今回この本棚を作るのに寄付をくださったロータリークラブの方と知り合いのメンバーがいて、東日本大震災の被災地に何か支援をしたいということをきいたので、みなみさんりくブックスの活動の話をしたら、共感してもらえて、寄付をお願いできたので、ある程度の予算のめどがつき、ここの設備を整えられるかも、ってなりました。ただ、ここの場所って林際小学校の長い歴史があって、卒業生たちがこの場所を守りたいっていうことで、ずっとグリーンツーリズムの宿としてやってきた場所だから、私たちが変えてしまうのもどうなのかなって思って、
何度もここの方たちとお話させてもらって、どういう形ならできるのかを相談しながら、ここまできたっていう感じです。

CIMG1100

→なるほど。そんな経緯があっったんですね。そして、今後いろんなことをやっていきたいと思っていると思いますが、その辺りを最後に教えてください。

栗林:みなみさんりくブックスとしては、まずテーマを決めて、本を選書するというのをやっていきたいなと思っています。いろいろな活動をしている人たちが関わっていてくれているので・・・それぞれが同じジャンルが好きというわけでもない・・・そしてそれがおもしろいと思っているので、そういういろいろな人たちが参加して、同じテーマだけどそれぞれの理由で本を選んで紹介していく、で、その過程があるからこそ、本が好きな人だけじゃなくて、その人に興味がある人も本を読んでみようかなと思ってくれて、この場所に来る人も増えて、本に時間をつくっていけたらいいなと思っています。

また、8月になると、校庭にあるプールに子供たちが遊びに来るんですね。ここは宿泊施設だから<外から来た人が泊まる場所>という風に思っている人が多く、中に入ってこなかったりするので、夏休みに来た子供たちが・・・絵本とか課題図書とかもあるので・・・プールの後に来れる場所になったらいいなと思っていて・・・お母さんたちもプールを待っている間、ここで本を読んでくれたらいいですし、そうやっていろんな人たちがここに来てくれたらと思います。

→ここは誰かスタッフが常駐しているのですか?

栗林:それが入谷時間というか・・・入谷ルールみたいな感じで誰も悪いことをしないから(笑)スタッフがいなくても、ずっと開いています。

→えー(笑)、トラブルにならないといいですね。

栗林:はい。

→栗林さんたちが来れる時は来ているんですよね?

04

というわけで、みなみさんりくブックスのメンバーたちが立ち上げた『かもしか文庫』の簡単ではありますが紹介でした。まだまだこれから、いろんなことがあるとは思いますが、それも含めて、自分たちの視点で、自分たちの方法で、楽しく、刺激的に続いていくことがいいのかなと思います。そして、Book! Book! Sendaiも引きつづき、遊びに行ったりしながら、一緒にできることなどを考えていきたいと思います。

栗林さんが話していた、入谷時間・入谷ルール、これ、本当にあります。そして、それはとても魅力的で、つい、また南三陸に行きたくなります。

◇    ◇    ◇

「かもしか文庫」
利用時間:9時-19時(夏場)、10時-17時(冬場)

みなみさんりくブックス
webサイト:http://minamisanrikubooks.tumblr.com/

南三陸
校舎の宿・さんさん館
webサイト:http://san3kan.sakura.ne.jp


2016年のBook! Book! Sendai

01

 

Book! Book! Sendaiの代表の2人、

武田こうじ(詩人)と前野久美子(火星の庭)、

閉店後の火星の庭で打ち合わせ中です。

今年2016年のBook! Book! Sendaiは、

昨年までとは大幅に変った内容でお送りいたしますので、

この後の情報をどうぞお楽しみに~