『Book! Book! Miyagi @ 新寺こみち市』レポート

先日開催いたしました『Book! Book! Miyagi @ 新寺こみち市』のご報告です。

Book! Book! Sendai(以下B!B!S)は、2008年に発足してから、毎年さまざまなイベントを開催してきました。サンモール一番町を会場とした一箱古本市もその一つです。
そして、2015年の回を最後に、それまで行ってきたイベント開催を一旦休止しまして、2016~17年度は新しい活動に取り組みました。『震災後にできた本と出会える場所』を取材しB!B!Sのwebサイトで紹介するインタビューシリーズです。

宮城県内、北は南三陸町から、南は福島県との県境・丸森町まで、新刊書、古本を販売する店舗もあれば、地域の方々の訪れる図書スペース、個人宅を使用した文庫もあり、海沿いもあれば山あいも住宅街もあり、さまざまな形の「本と出会える場所」が、震災後に誕生していました。それぞれの場を作った方々にお話をお聞きしてスペースを作るまでの経緯や、運営していく中での思いを語っていただきweb記事化していったものです。2年間で、7つの場所を取材させていただきました。

  ★『震災後にできた本と出会える場所』を訪ねるインタビューシリーズ
    記事は、こちらより!→ http://bookbooksendai.com/?cat=49

そして今年、2018年、B!B!Sが10周年を迎え記念のイベントを立案するにあたって、上記のシリーズで登場していただいた皆さんが一堂に会する、そんな場を作れないだろうかと考え、誕生した企画でした。

会場は「新寺こみち市」の一角。
新寺こみち市は、毎月28日に開催されている農家や漁家、手づくり作家が50軒、出店する市です。

新寺こみち市実行委員会の中心の一人、西大立目祥子さんは、震災後のプロジェクト「RE:プロジェクト」でB!B!Sの代表・武田と一緒に活動をともにして、3年前にはB!B!Sのトークに出演していただくなど、おつき合いがありました。新寺こみち市は始まって5周年、B!B!Sは10周年と周年が重なり、この日だけB!B!Sも加わらせていただく形をお願いしたところご快諾いただいて、企画が具体化しました。

また、上記のインタビューシリーズで登場していただいた方々だけでなく、以前の「一箱古本市」で関わってくださっていたお店や、宮城県気仙沼市、福島県で、震災後に新規開業あるいは震災で一旦休止して再開をしたいくつかの古書店にも参加をお願いして、出店メンバーが決まってきました。

そして迎えた当日、4月28日は抜けるような青空、最高のお天気となりました!



会場の「新寺五丁目公園」に、出店者のブースが並び、多くの方にご来場いただきまして、終始にぎわいました。
こみち市史上、2番目の来場者数だったとのことです!


石巻まちの本棚(石巻市) 
webサイト=http://bookishinomaki.com
B!B!Sによるインタビュー記事=http://bookbooksendai.com/?p=1537


NEWS STAND SATAKE & みなみさんりくブックス(南三陸町)
みなみさんりくブックス webサイト=http://minamisanrikubooks.tumblr.com
南三陸・校舎の宿「さんさん館」http://san3kan.sakura.ne.jp
南三陸さんさん商店街 https://www.sansan-minamisanriku.com
上サイト内・NEWS STAND SATAKEのページ↓
   https://www.sansan-minamisanriku.com/shoplist/news-stand-satake/
B!B!Sによるインタビュー記事=
 (みなみさんりくブックス)http://bookbooksendai.com/?p=1483
 (NEWS STAND SATAKE)http://bookbooksendai.com/?p=1700


絵本図書室 ちいさいおうち(多賀城市)
ブログ http://ameblo.jp/tiisaiouti116/
B!B!Sによるインタビュー記事=http://bookbooksendai.com/?p=1602


スローバブックス(丸森町)
http://slowba.exblog.jp
B!B!Sによるインタビュー記事=http://bookbooksendai.com/?p=1664


イーストリアス(気仙沼市) 
https://ameblo.jp/east-riasu/


岡田書店(福島県楢葉町) 
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2015/10/post_12400.html
  ↑2015年「福島民報」での紹介記事です!


阿武隈書房(福島県いわき市) 
http://www.abukumasyobo.com


うさぎや&本の路地裏(福島市) 
http://fuwariusagi.jugem.jp


Books & Cafe コトウ(福島市) 
https://www.facebook.com/BooksCafe-コトウ-1923775894576768/


ブックギャラリーポポタム(東京)
http://popotame.net


6jumbopins(秋田)
https://6jumbopins.stores.jp


のら珈琲(秋田)
http://nora-coffee.com


メアリーコリン(仙台市)
http://www.marycolin.com
B!B!Sによるインタビュー記事=http://bookbooksendai.com/?p=1637


古書水の森(仙台市)
B!B!Sによるインタビュー記事=http://bookbooksendai.com/?p=1682


RE:プロジェクト
http://re-project.sblo.jp


風の時編集部+3.11オモイデアーカイブ
http://yaplog.jp/sendai_kaze/
https://www.facebook.com/kazenotoki/


Book! Book! Sendaiのブースでは、
今回のフライヤーイラストを手がけていただいた松下さちこさんオリジナルグッズが多数登場!
松下さちこ webサイト http://r.goope.jp/m-sachiko-m


火星の庭のブース。そしてブースの一部に急遽、往来座さん(東京)の、【宮城県の古い絵葉書などの紙もの】コーナーができました~。往来座店主・瀬戸さんと画家の武藤さんには、終日お店番までしていただき大変お世話になりました!
book cafe 火星の庭 http://www.kaseinoniwa.com
往来座 https://ouraiza.exblog.jp

        ◇

今回の本の市は、家庭文庫「ちいさいおうち」のようなスペース、市民活動の「RE:プロジェクト」、「3.11オモイデアーカイブ」、世界のzineが楽しめる「ポポタム」、戦前から三代続く老舗「岡田書店」のような王道の古本屋といった様々な本にまつわる場所が集まりました。会場には、ベビーカーを押したご家族連れから、古本マニアの男性のお客様もたくさんいらして、幅広い年代の方々に来ていただきました。近ごろは価値観やスタイルが違う人達が混ざるというのが難しくなっているような気がしています。この日はそれが自然に実現していて、お客様が特定のブースだけでなく、ぐるぐるとブースを回遊してご覧いただいている風景が一番うれしいことでした。

そして、表立っては言いませんでしたが、震災の後もあきらめずに本屋を続けてきた方々に来ていただきたいというのが胸のなかにありました。もちろん、ここに参加された方達以外にももっと存在していて、お声がけできなかった方、ゴールデンウィーク初日で参加が難しかった方もいらっしゃいました。わたしたちの微力な範囲内でお声がけできただけです。今回の機会に宮城県内やおとなりの福島県には個人経営の本屋がたくさんあることを知っていただけましたら幸いです。

遠くからご参加いただいた出店者の皆さまには、朝早くから暑いなか立ちっぱなしで大変だったと思います。普段の仕事を休んで来ていただき、ほんとうにありがとうございました。こんどはわたしたちが会いに伺います。

ご来場の皆さま。初めての会場、試みにもかかわらずお運びいただきありがとうございました。できましたら、ここで出会った出店者のふだんの店舗やスペースを訪ねていただけましたら幸いです。

新寺こみち市実行委員会とこみち市出店者のみなさん、当日ボランティアスタッフをしてくださったみなさん、告知のサポートをしてくださった皆さん、応援いただいたメディアの皆さま、ありがとうございました。今回の開催はこみち市があってのことでした。イベントではなく定期市として、こみち市が5年かけて培ってきたものの大きさを感じました。本当にありがとうございました!

        ☆

Book! Book! Sendai 2018はこれからも続きます。
    どの企画もどうぞよろしく~
===========================================
座談会 『この街の10年 
お薬師さんの手づくり市×泉マルシェ×Book! Book! Sendai』
2018年6月6日(水)19:00~21:00
 出演者:お薬師さんの手づくり市/佐藤正記、西大立目祥子
泉マルシェ/吉田久美子
Book! Book! Sendai/武田こうじ、前野久美子
会場:book cafe 火星の庭
参加費:500円 予約優先
予約申込先 info@bookbooksendai.com
===========================================
「trip to zine ~zineへの旅~」展
-1960年代から現在までの日本のzine-
2018年6月14日(木)~7月16日(月)
時間:9:00-21:30 年中無休
会場:多賀城市立図書館 3階ギャラリー
多賀城市中央2丁目4-3 多賀城駅北ビル A棟
電話 022-368-6226
===========================================
トーク「日本のzineについて100分で話すことすべて」
2018年6月23日(土)14:00~16:00
出演/ばるぼら、野中モモ
会場:多賀城市立図書館
参加費:無料
申し込み方法:ご予約は図書館1階カウンターにて直接受付させていただきます
または info@bookbooksendai.com までメールでお申し込みください
===========================================


   

      ☆↑クリックで拡大します☆


Book! Book! Sendai 10th


        イラスト:松下さちこ

街に「本」と「人」の出会いをもっと作りたいと活動して丸10年。
Book! Book! Sendai10周年の年に活動の集大成としてイベントをおこないます。
いつもと違う本との出会いを探しに、街へ出かけてみませんか?

 

Book! Book! Miyagi@こみち市

2018年4月28日(土)

毎月28日に新寺界隈でにぎわう「新寺こみち市」と合同で本の市をひらきます。
宮城、福島、東京、秋田から個性豊かな本屋やショップ、コミュニティースペースが集まります。地域にとけ込む定期市と一緒に、生活に必要な食べものや生活雑貨を手に取る延長で、この日は本との出会いも楽しんでいただけますよう、ご来場をお待ちしております。

2018年4月28日(土)
時間:10:00~15:00
入場無料
会場:新寺こみち市会場
仙台市若林区新寺小路緑道~新寺五丁目公園
*Book! Book! Miyagiの会場は新寺五丁目公園。仙台駅より歩いて10分。
新寺こみち市 http://www.komichiichi.com
*駐車場の案内については上記のサイトをご覧ください。

【出店者】
石巻まちの本棚(石巻市) 
NEWS STAND SATAKE(南三陸町) 
ちいさいおうち(多賀城市)
スローバブックス(丸森町)
イースト・リアス(気仙沼市) 
岡田書店(福島県楢葉町) 阿武隈書房(いわき市) 
うさぎや、Books & Cafe コトウ(福島市) 
ブックギャラリーポポタム(東京)
6jumbopins、のら珈琲(秋田)
RE プロジェクト、風の時編集部+3.11オモイデアーカイブ、
メアリーコリン、古書水の森、火星の庭、Book! Book! Sendai(仙台市)

こちらはBook! Book! Miyagiの会場となる新寺五丁目公園です。
土の地面で木陰が多く、都市の真ん中にポッカリ空いた気持ちのいい空間です。
どうか晴れますように!!(雨天決行します)

 

◇    ◇    ◇   

 

座談会

『この街の10年 
お薬師さんの手づくり市×泉マルシェ
×Book! Book! Sendai』

2018年6月6日(水)19:00~21:00

 

出演者:お薬師さんの手づくり市/佐藤正記、西大立目祥子
泉マルシェ/吉田久美子
Book! Book! Sendai/武田こうじ、前野久美子
会場:book cafe 火星の庭
参加費:500円 予約優先
予約申込先 info@bookbooksendai.com

薬師堂の「お薬師さんの手づくり市」、
地下鉄泉中央駅の「泉マルシェ」、
そしてBook! Book! Sendai。
この3つはちょうど10年前に始まりました。同じ時期に始めただけではない相違点・・・三者で集まって話をしたらおもしろいのではないかと考えました。
自分たちのイベントのこと、続けてきたなかで感じていること、地域の人たちとどう関わってきたのかなど、
思う存分話ができたら「なにか」が見えてくるかもしれません。どうぞお気軽にご参加ください。

 

◇    ◇    ◇  

 

「trip to zine ~zineへの旅~」展
-1960年代から現在までの日本のzine-

2018年6月14日(木)~7月16日(月)

時間:9:00-21:30 年中無休
会場:多賀城市立図書館 3階ギャラリー
多賀城市中央2丁目4-3 多賀城駅北ビル A棟
電話 022-368-6226

zine(ジン)は、ミニコミ、アーティストブック、リトルプレス、同人誌など、様々に呼ばれる個人や有志によって作られた小部数の出版物をさします。近年、zineへの関心は高まっていて、ニューヨーク、フランス、台湾、韓国、東京など世界各地でzineのイベントが開かれています。なぜこれほど人を惹きつけるのでしょうか。

本展は『日本のzineについて知ってることすべて』に掲載されているzineを中心に、1960年代から2010年代までに発行されたzineを年代順にセレクトして紹介。
会場内にzineライブラリーを開設し、東北のzine、世界のストリートペーパーも合わせて紹介いたします。会期中には『日本のzineについて知ってることすべて』編著者のばるぼらさん、野中モモさんが来館しトークも開催。この機会に多種多様なzineの魅力、形、あり方に触れてみませんか。

 

トーク「日本のzineについて100分で話すことすべて」
2018年6月23日(土)14:00~16:00
出演/ばるぼら、野中モモ

会場:多賀城市立図書館
参加費:無料
申し込み方法:ご予約は図書館1階カウンターにて直接受付させていただきます
または info@bookbooksendai.com までメールでお申し込みください

ばるぼら/ネットワーカー、古雑誌蒐集家、周辺文化研究家。
著書に『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』『ウェブアニメーション大百科』(共に翔泳社)、
『NYLON100%』『岡崎京子の研究』(共にアスペクト)、赤田祐一との共著で『消されたマンガ』(鉄人社)、
『20世紀エディトリアル・オデッセイ』(誠文堂新光社)がある。

野中(のなか)モモ/文筆・翻訳業。オンライン書店「Lilmag」店主。
著書に『デヴィッド・ボウイ 変幻するカルト・スター』(筑摩書房)。訳書にレイチェル・イグノトフスキー
『世界を変えた50人の女性科学者たち』(創元社)、ダナ・ボイド『つながりっぱなしの日常を生きるー
ソーシャルメディアが若者にもたらしたもの』(草思社)、アリスン・ビーブマイヤー『ガール・ジン
「フェミニズムする」少女たちの参加型メディア』(太田出版)など。

電車:JR仙石線 多賀城駅北口から徒歩1分(JR仙台駅から多賀城駅まで電車で約20分)
車:多賀城ICまたは仙台港北ICより10分
駐車場:市営駐車場あり

企画:Book! Book! Sendai
共催:多賀城市立図書館 
協力:誠文堂新光社  Cyg art gallery


Book! Book! Miyagi@新寺こみち市 



*新寺こみち市会場風景

Book! Book! Sendai 10th 
『Book! Book! Miyagi @ 新寺こみち市』

日程:2018年4月28日(土)

時間:10:00~15:00
入場無料

会場:新寺こみち市会場
仙台市若林区新寺小路緑道~新寺五丁目公園
*Book! Book! Miyagiの会場は新寺五丁目公園

【出店者】
石巻市/石巻まちの本棚 
南三陸町/NEWS STAND SATAKE 
多賀城市/ちいさいおうち 
丸森町/スローバブックス
気仙沼市/イースト・リアス 
福島県楢葉町/岡田書店 
いわき市/阿武隈書房 
福島市/うさぎや、Books & Cafe コトウ 
東京/ブックギャラリーポポタム 
秋田/6jumbopins、のら珈琲 
仙台/RE プロジェクト、風の時編集部+3.11オモイデアーカイブ、
   メアリーコリン、古書水の森、火星の庭、
   Book! Book! Sendai

     ◇

4月28日に「本と出会える場所」を日々営んでいる方々が集まって本の市をひらきます。毎月28日に街の中心からちょっと離れた場所で定期市を開催している「新寺こみち市」との共催です。
これまでインタビューシリーズで取材してきた宮城の本の場所はもちろん、お隣りの福島県からも3店が参加。各地から個性豊かな本屋やお店がやってきます。初参加のお店が多いなか、サンモール一番丁のBook! Book! Sendaiからの常連、ポポタムと6jumbopinsも出店します!(毎回大人気でした「わめぞ」は残念ながらスケジュールの都合で不参加です。)

新寺こみち市は、宮城や隣県の農産物、海産物の生産者、パン屋さん、手仕事や生活雑貨などが数十ブース並ぶ特徴のある市です。今回合同で開催させていただくにあたって、自分たちが10年続けてきたことと通じる活動だと感じました。以下は、新寺こみち市のサイトにある文章からの引用です。

 <単なる集客イベントとしてではなく、東北の農家や漁家をはじめ、手づくり作家として身を立てる方々などの小さな商いを応援します。>
 
 <新寺小路緑道を舞台とすることで、歴史の蓄積する地域と市民との間に新しい関係を作りだし、新寺地区周辺の活性化に寄与します。>
 
 <大規模なハードを新たに整備することなく、既存の施設、これまでの歴史・文化の蓄積等、現時点で地域が有するもの・ことを効果的に、大切に活かしていくことで、地域の魅力向上、賑わい等につないでいきます。整備ではなく、活かすことで、新しい時代に向けた地域づくりのヒントを得ることを期待するものです。>

毎月多くの来場者でにぎわうこみち市。生活に必要な食べものや生活雑貨を手に取る延長で、この日は本との出会いも楽しんでいただけますよう、
ご来場を心からお待ちしております!

Book! Book! Sendai 2018 実行委員会
武田こうじ、前野久美子

      ◇

 【Link】

  新寺こみち市
  http://www.komichiichi.com