Book! Book! Sendai 10th


        イラスト:松下さちこ

街に「本」と「人」の出会いをもっと作りたいと活動して丸10年。
Book! Book! Sendai10周年の年に活動の集大成としてイベントをおこないます。
いつもと違う本との出会いを探しに、街へ出かけてみませんか?

 

Book! Book! Miyagi@こみち市

2018年4月28日(土)

毎月28日に新寺界隈でにぎわう「新寺こみち市」と合同で本の市をひらきます。
宮城、福島、東京、秋田から個性豊かな本屋やショップ、コミュニティースペースが集まります。地域にとけ込む定期市と一緒に、生活に必要な食べものや生活雑貨を手に取る延長で、この日は本との出会いも楽しんでいただけますよう、ご来場をお待ちしております。

2018年4月28日(土)
時間:10:00~15:00
入場無料
会場:新寺こみち市会場
仙台市若林区新寺小路緑道~新寺五丁目公園
*Book! Book! Miyagiの会場は新寺五丁目公園。仙台駅より歩いて10分。
新寺こみち市 http://www.komichiichi.com
*駐車場の案内については上記のサイトをご覧ください。

【出店者】
石巻まちの本棚(石巻市) 
NEWS STAND SATAKE(南三陸町) 
ちいさいおうち(多賀城市)
スローバブックス(丸森町)
イースト・リアス(気仙沼市) 
岡田書店(福島県楢葉町) 阿武隈書房(いわき市) 
うさぎや、Books & Cafe コトウ(福島市) 
ブックギャラリーポポタム(東京)
6jumbopins、のら珈琲(秋田)
RE プロジェクト、風の時編集部+3.11オモイデアーカイブ、
メアリーコリン、古書水の森、火星の庭、Book! Book! Sendai(仙台市)

こちらはBook! Book! Miyagiの会場となる新寺五丁目公園です。
土の地面で木陰が多く、都市の真ん中にポッカリ空いた気持ちのいい空間です。
どうか晴れますように!!(雨天決行します)

 

◇    ◇    ◇   

 

座談会

『この街の10年 
お薬師さんの手づくり市×泉マルシェ
×Book! Book! Sendai』

2018年6月6日(水)19:00~21:00

 

出演者:お薬師さんの手づくり市/佐藤正記、西大立目祥子
泉マルシェ/吉田久美子
Book! Book! Sendai/武田こうじ、前野久美子
会場:book cafe 火星の庭
参加費:500円 予約優先
予約申込先 info@bookbooksendai.com

薬師堂の「お薬師さんの手づくり市」、
地下鉄泉中央駅の「泉マルシェ」、
そしてBook! Book! Sendai。
この3つはちょうど10年前に始まりました。同じ時期に始めただけではない相違点・・・三者で集まって話をしたらおもしろいのではないかと考えました。
自分たちのイベントのこと、続けてきたなかで感じていること、地域の人たちとどう関わってきたのかなど、
思う存分話ができたら「なにか」が見えてくるかもしれません。どうぞお気軽にご参加ください。

 

◇    ◇    ◇  

 

「trip to zine ~zineへの旅~」展
-1960年代から現在までの日本のzine-

2018年6月14日(木)~7月16日(月)

時間:9:00-21:30 年中無休
会場:多賀城市立図書館 3階ギャラリー
多賀城市中央2丁目4-3 多賀城駅北ビル A棟
電話 022-368-6226

zine(ジン)は、ミニコミ、アーティストブック、リトルプレス、同人誌など、様々に呼ばれる個人や有志によって作られた小部数の出版物をさします。近年、zineへの関心は高まっていて、ニューヨーク、フランス、台湾、韓国、東京など世界各地でzineのイベントが開かれています。なぜこれほど人を惹きつけるのでしょうか。

本展は『日本のzineについて知ってることすべて』に掲載されているzineを中心に、1960年代から2010年代までに発行されたzineを年代順にセレクトして紹介。
会場内にzineライブラリーを開設し、東北のzine、世界のストリートペーパーも合わせて紹介いたします。会期中には『日本のzineについて知ってることすべて』編著者のばるぼらさん、野中モモさんが来館しトークも開催。この機会に多種多様なzineの魅力、形、あり方に触れてみませんか。

 

トーク「日本のzineについて100分で話すことすべて」
2018年6月23日(土)14:00~16:00
出演/ばるぼら、野中モモ

会場:多賀城市立図書館
参加費:無料
申し込み方法:ご予約は図書館1階カウンターにて直接受付させていただきます
または info@bookbooksendai.com までメールでお申し込みください

ばるぼら/ネットワーカー、古雑誌蒐集家、周辺文化研究家。
著書に『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』『ウェブアニメーション大百科』(共に翔泳社)、
『NYLON100%』『岡崎京子の研究』(共にアスペクト)、赤田祐一との共著で『消されたマンガ』(鉄人社)、
『20世紀エディトリアル・オデッセイ』(誠文堂新光社)がある。

野中(のなか)モモ/文筆・翻訳業。オンライン書店「Lilmag」店主。
著書に『デヴィッド・ボウイ 変幻するカルト・スター』(筑摩書房)。訳書にレイチェル・イグノトフスキー
『世界を変えた50人の女性科学者たち』(創元社)、ダナ・ボイド『つながりっぱなしの日常を生きるー
ソーシャルメディアが若者にもたらしたもの』(草思社)、アリスン・ビーブマイヤー『ガール・ジン
「フェミニズムする」少女たちの参加型メディア』(太田出版)など。

電車:JR仙石線 多賀城駅北口から徒歩1分(JR仙台駅から多賀城駅まで電車で約20分)
車:多賀城ICまたは仙台港北ICより10分
駐車場:市営駐車場あり

企画:Book! Book! Sendai
共催:多賀城市立図書館 
協力:誠文堂新光社  Cyg art gallery


Book! Book! Miyagi@新寺こみち市 



*新寺こみち市会場風景

Book! Book! Sendai 10th 
『Book! Book! Miyagi @ 新寺こみち市』

日程:2018年4月28日(土)

時間:10:00~15:00
入場無料

会場:新寺こみち市会場
仙台市若林区新寺小路緑道~新寺五丁目公園
*Book! Book! Miyagiの会場は新寺五丁目公園

【出店者】
石巻市/石巻まちの本棚 
南三陸町/NEWS STAND SATAKE 
多賀城市/ちいさいおうち 
丸森町/スローバブックス
気仙沼市/イースト・リアス 
福島県楢葉町/岡田書店 
いわき市/阿武隈書房 
福島市/うさぎや、Books & Cafe コトウ 
東京/ブックギャラリーポポタム 
秋田/6jumbopins、のら珈琲 
仙台/RE プロジェクト、風の時編集部+3.11オモイデアーカイブ、
   メアリーコリン、古書水の森、火星の庭、
   Book! Book! Sendai

     ◇

4月28日に「本と出会える場所」を日々営んでいる方々が集まって本の市をひらきます。毎月28日に街の中心からちょっと離れた場所で定期市を開催している「新寺こみち市」との共催です。
これまでインタビューシリーズで取材してきた宮城の本の場所はもちろん、お隣りの福島県からも3店が参加。各地から個性豊かな本屋やお店がやってきます。初参加のお店が多いなか、サンモール一番丁のBook! Book! Sendaiからの常連、ポポタムと6jumbopinsも出店します!(毎回大人気でした「わめぞ」は残念ながらスケジュールの都合で不参加です。)

新寺こみち市は、宮城や隣県の農産物、海産物の生産者、パン屋さん、手仕事や生活雑貨などが数十ブース並ぶ特徴のある市です。今回合同で開催させていただくにあたって、自分たちが10年続けてきたことと通じる活動だと感じました。以下は、新寺こみち市のサイトにある文章からの引用です。

 <単なる集客イベントとしてではなく、東北の農家や漁家をはじめ、手づくり作家として身を立てる方々などの小さな商いを応援します。>
 
 <新寺小路緑道を舞台とすることで、歴史の蓄積する地域と市民との間に新しい関係を作りだし、新寺地区周辺の活性化に寄与します。>
 
 <大規模なハードを新たに整備することなく、既存の施設、これまでの歴史・文化の蓄積等、現時点で地域が有するもの・ことを効果的に、大切に活かしていくことで、地域の魅力向上、賑わい等につないでいきます。整備ではなく、活かすことで、新しい時代に向けた地域づくりのヒントを得ることを期待するものです。>

毎月多くの来場者でにぎわうこみち市。生活に必要な食べものや生活雑貨を手に取る延長で、この日は本との出会いも楽しんでいただけますよう、
ご来場を心からお待ちしております!

Book! Book! Sendai 2018 実行委員会
武田こうじ、前野久美子

      ◇

 【Link】

  新寺こみち市
  http://www.komichiichi.com


Book! Book! Sendai 10th イベントをおこないます!

Book! Book! Sendaiは2008年に結成して今年丸10年を迎えます。

これまで形や方法を変えながら、街に「本」と「人」の出会いをもっと作りたいと活動してきました。この数年は、「本」と「人」に「日常」が加わり、普段の生活の中に本があることをより大切にしていきたいと思うようになりました。また同時に、視点を仙台から宮城に広げて本のことを見つめ直すようになりました。

2018年は10周年の記念の年だし、もう一度外へ出てみようと武田さんが提案したのが昨年秋頃。
それから、今どんなイベントをやりたいだろうかと考えてきました。

まず第一弾に先日お知らせしました、3月23日に翻訳家・柴田元幸さんをお迎えして『言葉の中へ』を開催します(ご予約は満席となりました)。ご存知のとおり、柴田さんはたくさんの海外文学を日本に紹介してきた翻訳家であるとともに研究者であり、東大での教職も務められ、雑誌『MONKEY』の責任編集を継続しながら、朗読ライブをおこなうパフォーマーでもあります。震災後は、文学の学校「ただよう学び舎」へも積極的に参加されていることからも、書物と社会の関係について、並々ならぬ想いを持っていることを感じます。当日は「翻訳教室」と「朗読会」二部構成の充実した内容でお届けいたします。きっと本の中へ入っていくような体験になるでしょう。終了後は、ここにご報告をあげたいと思います。
 
そして、今後は6月までに三つのイベントをおこないます。 
Book! Book! Sendai集大成としてのイベントイヤー、そんな気持ちです。
ぜひ続報をチェックしていただき、会場へ足を運んでいただけましたら幸いです。
どうぞお待ちしております。